LAN_PRINT_135AH70,8,6のユダヤ人へのエロヒムからのメッセージ、の追加〜弥勒菩薩ラエル
(LAN_PRINT_86 Press Release)
LAN_PRINT_94 japanese
Saturday 14 November 2015

国際ラエリアンムーブメントからのプレスリリース 2015年11月13日(金)

戻る権利:パレスチナの非シオニズム化
 
 破壊される前に全てのシオニスト・ユダヤ人たちはイスラエル国を立ち去るべきとエロヒムが勧められましたが、そこでシオニストの親たちから生まれたイスラエル人たちには誰しも問題があります。
 
 というのはイスラエルのパスポートしか持っておらずどこに行けばいいのか分からないからです。そういうわけで、破壊からできるだけ多くのユダヤ人たちを救うために、地球上の全ての国家は、イスラエル外で生まれたユダヤ人たちに直ちにその祖先たちが出た場所へ戻る権利を許可すべきです。
 例えば、ベンヤミン・ネタニヤフ首相にはポーランドへ戻らせることになります。彼の父ベンジオン・ミレイコウスキーはポーランド国籍でしたから(ベンヤミン・ネタニヤフの本当の名前はベンヤミン・ミレイコウスキーです)。世界が本当に反ユダヤ主義でないのなら、世界は、これらのユダヤ人たちが、パレスチナ人たちのものであるパレスチナを離れ祖先の国へ戻れるようにしなければなりません。
 
 シオニスト国家の破壊の後、その遺伝子コードが自分たちの先祖がイスラエルに起源していることを証明している本当のユダヤ人たちのみが,非アパルトヘイトで多様な文化国家のパレスチナに歓迎されることになるでしょう。現状のイスラエル人たちの90%にとってはこれは当てはまりません。その祖先たちは、パレスチナに一切起源しないことが分かっており、実際は東欧から来てユダヤ教に改宗したに過ぎないものだからです。 遺伝検査がありますから容易に証明できます。
 本当のユダヤ人たち、つまり大昔にパレスチナに住んでいたユダヤ人たちの子孫たち、には他の誰にもない独特の遺伝上の印があるのです。 例外的には、ユダヤ人の祖先を持っているある数のパレスチナ人たちも含まれます。



LAN_PRINT_303ラエリアン プレスリリース
( http://ja.raelpress.org/news.php?extend.276 )