LAN_PRINT_135宇宙人コンタクトのための外交プロトコルを議論する初の国際オンライン・フォーラムを開催
(LAN_PRINT_86 Press Release)
LAN_PRINT_94 japanese
Friday 24 July 2020

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース

        2020年7月24日(金)


ニューヨーク、2020年7月22日-

 「歴史的な出来事が目の前で起きました」と、ラエリアンガイドであり、ラエリアン・ムーブメントがスポンサーとなっている宇宙人大使館プロジェクトのリーダーであるダニエル・タルコットは発表しました。「外交官や外務省関係者は最近、私たちの初の国際オンライン・フォーラムに参加し、正式に他の惑星から人類を歓迎するために必要なすべてのステップを私たちの専門家から学ぶことができました」

 「このイベントの主な目的は、大使館受け入れ国に富と科学的進歩をもたらす可能性のある、ユニークで野心的なこのプロジェクトについて、外交官や外務省関係者に知らせることでした」と説明したタルコットは、さらに続けました。「地球外生命体との接触が行われる前に解決すべき国際法の重要な問題についての彼らの意識レベルを高める必要があります」

 プレゼンテーションでは、議題の紹介とプロジェクトの概要説明の後、トランスナショナル・ローおよび国際私法を専門とする世界的に著名な弁護士であるジョン・H・レヴィ博士と、経験豊富な都市計画家であるスティーブン・ゴールディ氏が、このユニークで野心的な外交・観光プロジェクトが抱える法的問題点と、それを実現するために必要なステップを紹介しました。

 「ラエリアンたちは何十年も前から、宇宙人大使館の受け入れを検討するよう各国に働きかけてきましたが、ここ数年、これらの議論は数も真剣さも増しています」と、タルコットは述べました。「多くの国がこの非常に有望で重要なプロジェクトに真剣な関心を示し、プレゼンテーションは非常に好評を博し、参加者全員が外交的側面は必須事項であるだけでなく、最優先事項であることに同意しました」

 「増え続けるUFOの目撃情報や、UFOとの遭遇を記した軍事報告、世界中の非常に複雑なミステリーサークルなどを通して、地球外文明が人類に公式な接触の準備をしていることが明らかになり、関心が高まっています」と、タルコットは続けました。「外交官や外務省関係者がこれを認め、この世のものとは思えない文明を正式に歓迎するよう、国政府に助言するのは時間の問題です。私たちは、ウィーン条約で定義された外交関係の重要なパラダイムシフトを認識しており、政府の意識の高まりは今や明らかですが、私たちにはまだやるべきことがあります」と付け加えたタルコットは、最後に次のように述べました。「武装した地球外文明による侵略を不当に予想し、それに対して戦争を準備している国々がある一方で、私たちはそのような原始的で危険な立場を、世界的な平和運動で相殺し、彼方の星から来た存在との接触から得られるのは利益だけであるということを、人々や政府関係者に伝えなければなりません」

 ラエリアン哲学では、ヘブライ語の聖書原典で「エロヒム」と呼ばれる地球外文明が、人間を含む地球上のあらゆる生命体を創造したと述べています。その文明は、科学的にも哲学的にも、私たちの文明に比べて非常に平和で、はるかに進んだ文明であり、私たちの創造者たちとの公式な接触は、人類を平和と黄金時代へと導いてくれると私たちは考えています。

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆

~ラエリアン・ムーブメントについて~
 ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の生命が、聖書原典において”エロヒム”として知られる宇宙人の文明により、DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。
 会員数は世界104カ国、90,000人にのぼり、この宇宙人”エロヒム”がマイトレーヤ・ラエルにもたらしたメッセージを広めるべく活発に運動を展 開しています。それは、彼ら宇宙人”エロヒム”を公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広めるという目標を持っています。ラエリアン・ムーブメントは、非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重の哲学を通じて、世界に波紋を投げかけています。

      インタビュー、プレスリリースへのご意見・ご質問
       または更に詳しい情報をご希望の場合は
       下記の連絡先までお問い合わせください

 非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント
 〈公式サイト〉 http://www.rael.org  https://www.raelianjapan.jp/
 広報担当 桑原 元博(くわはら もとひろ)
    〈広報公式サイト〉http://www.press.rael.org
 TEL : 0479-75-8030 FAX : 0479-74-8007
 e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp 


☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆

Raelians held first international online forum to discuss diplomatic protocols for extraterrestrial contact

New York, July 22 — "A historical event just happened before our eyes," announced Daniel Turcotte, Raelian Guide and leader of the Embassy for Extraterrestrials Project sponsored by the Raelian Movement. “Diplomats and Foreign Affairs officials recently attended our first international online forum to learn from our experts all the steps required to officially welcome human beings from another planet.”

“The main goal of this event was to inform diplomats and foreign affairs officials about this unique and ambitious project that could also bring wealth and scientific advancement to the hosting country,” explained Turcotte. “We need to increase their level of awareness about the important issues of international law that should be resolved before any extraterrestrial contact is made."

During the presentation and after introducing the subject and giving an outline on the project, Dr Jon H. Levy, PhD.—a world-renowned lawyer specializing in transnational and private international law—and Stephen Goldie—a very experienced city planner—outlined the legal issues raised by this unique and ambitious diplomatic and touristic project, as well as the steps necessary to make it happen.

“For decades now, Raelians have been canvassing countries to consider hosting an Embassy for Extraterrestrials, but in recent years these discussions have been increasing in number and seriousness,” said Turcotte. “Many countries showed a genuine interest in this very promising and important project, the presentation was very well received and all the participants agreed that the diplomatic aspect of it is not only mandatory but the priority.”

“Interest is growing as it becomes obvious that an extraterrestrial civilization is preparing our humanity for an official contact through an ever-increasing number of UFO sightings, military reports describing encounters with UFOs, and very complex crop circles all over the world,” Turcotte continued. “It’s just a matter of time before more diplomats and foreign affairs officials acknowledge this and advise their respective governments to care for a proper and formal welcome for an out-of-this-world civilization. "We are aware that this is an important paradigm shift with regard to diplomatic relations defined by the Vienna Convention and, while the increasing governmental awareness is now obvious, we still have some work to do,” Turcotte added. “While some countries wrongfully anticipate an invasion by an armed extraterrestrial civilization and are preparing to go to war against them, we must offset such a primitive and dangerous position with a worldwide movement of peace, to educate people and government officials that we can only benefit from contact with beings from beyond the stars," concluded Turcotte.

The Raelian philosophy states that an extraterrestrial civilization, referred to as “Elohim" in the original Hebrew Bible, created all forms of life on Earth including human beings. We believe it is a very peaceful and far more advanced civilization compared to ours, both scientifically and philosophically, and that an official contact with our Creators will usher our humanity into an era of peace and a Golden Age.



--------------------------------------------------------------------
About the Raelian Movement rael.org et press.rael.org
The Raelian Movement is the largest non-profit atheist organization in the world, which relates how life on earth was created by an extra-terrestrial civilization, known in the original Bible as Elohim, through the synthesis of DNA.
It brings together 90,000 members from 104 countries who actively publicize the message these extra-terrestrial scientists gave to Rael, with the goal of building an embassy to welcome them officially and propagate their values of peace and non violence. The Raelian Movement is making waves through its non-conformist and politically incorrect philosophy.

CONTACT
For any interviews or information:
Japanese Raelian Movement
http://ww.rael.org

 Public relations Section: Motohiro Kuwabara

http://www.press.rael.org
TEL : 0479-75-8030
FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp

--------------------------------------------------------------------


LAN_PRINT_303ラエリアン プレスリリース
( http://ja.raelpress.org/news.php?extend.295 )