LAN_PRINT_135児童期からの性教育のための6回目の国際デー
(LAN_PRINT_86 Press Release)
LAN_PRINT_94 japanese
Saturday 21 November 2020

国際ラエリアン•ムーブメントからのプレスリリース  11月20日(金)

 ジュネーブ 2020年11月18日
本日、国際ラエリアン・ムーブメントにより発表された声明によると、11月20日は国際児童デーにあたり、この機会に世界中のラエリアンは、性教育デー6周年を祝い、また、2009年ユネスコ報告書(性教育における国際技術ガイダンス)で専門家によって推奨された早期性教育を推進することでしょう。
 
 「残念なことに、キリスト教会のロビ-ストの相次ぐ圧力によって検閲されてしまいましたが、オリジナルのユネスコ報告書にあるような包括的な性教育は、まさしく、5年前に性教育デーを打ち出したラエリアン・ムーブメントの精神的指導者ラエルが、40年以上も教えてきたことなのです」と、性科学者にして教育学修士で「性教育デー」の広報担当者であるクレメンス・リナールは説明しました。「この目的は、子供たちや思春期の少年少女たちに、彼らの年齢や文化に適合した性教育を施し、快楽を重要視し、WHOが定義したような幸福を与えることです」
 
 性にまつわることを何も知らされないでいる場合には、子供たちは特に傷つきやすくなることは立証されています。リナールは次のように説明しました。「そういう時に、子供たちは大人たちの餌食になりやすく、この大人たちは、性教育の不足によって生じたフラストレーションに苦しんでいるのです。そして、この悪循環は、宗教的に条件付けされ、刷り込まされた社会に生きるという深刻な結果をもたらします。そのような社会は、科学的事実や研究を拒絶し、代わりに宗教的な信条や伝統を受け入れることを選択します。そして、それは子供たちの心身の幸福に悪影響を与え得ることを、私たちは知っています」
 
 広報担当者は、包括的な早期性教育は、異なった性的指向・性同一性、社会経済的な背景、民族的・文化的背景を持った人々を含めるべきであることを強調しました。そして、この目的を達成するために、早期性教育は、性の多様性を尊重し、快楽を重視して自分自身の性を受け入れることを学ぶことを意味するようにすべきです。「これは、子供たちが自分の性行動と健康について責任ある決断ができるような思春期を迎えるための最良の方法です」と、リナールはつけ加えました。
 
思い出して欲しいのは、2009年にユネスコは、キリスト教会のロビーストの圧力を受けて、性教育の報告書の一つを検閲したことです。すなわち、5歳からの自慰行為について説明した部分です。この検閲された一節は、2018年版の報告書にも掲載されていません。
 
 特筆すべきことは、伝統的な宗教によって押し付けられた検閲を非難するために、ラエリアン・ムーブメントは、早期性教育の国際的な啓蒙キャンペーンの一環として、2015年に「性教育デー」を立ち上げ、ユネスコの専門家による性教育のための独自の指導原則の再発行を求め続けていることです。
 
☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆
 
 ~ラエリアン・ムーブメントについて~
 ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の生命が、聖書原典において“エロヒム”として知られる宇宙人の文明により、DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。
 
 会員数は世界120カ国、100,000人にのぼり、この宇宙人“エロヒム”がマイトレーヤ・ラエルにもたらしたメッセージを広めるべく活発に運動を展開しています。
 それは、彼ら宇宙人“エロヒム”を公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広めるという目標を持っています。
 ラエリアン・ムーブメントは、非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重の哲学を通じて、世界に波紋を投げかけています。

      インタビュー、プレスリリースへのご意見・ご質問
       または更に詳しい情報をご希望の場合は
       下記の連絡先までお問い合わせください
 
 非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント
      〈公式サイト〉 http://www.rael.org 
 広報担当 桑原 元博(くわはら もとひろ)
    〈広報公式サイト〉https://ja.raelpress.org/
 TEL : 0479-75-8030 FAX : 0479-74-8007
 e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp
 
☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆
6th International Day for Sex Education from Childhood
 
GENEVA, Nov. 18, 2020 — According to a statement released today by the International Raelian Movement (IRM), November 20th is International Children’s Day and, on that occasion, Raelians worldwide will celebrate the 6th annual Sex Education Day and promote early sex education as recommended by experts in the 2009 UNESCO report (International Technical Guidance on Sexuality Education).
 
"Comprehensive Sex Education, as defined in the original UNESCO report which was unfortunately later censored following pressures from Christian lobbyists, is precisely what spiritual leader, Rael, who launched SexEd Day 5 years ago, has been teaching for more than 40 years," explained Clemence Linard, M.A.Ed, sexologist and spokesperson for SexEd Day. "The goal is to give children and adolescents a sexuality education adapted to their age and culture, and emphasizing pleasure, fulfillment and well-being as defined by the WHO."
 
It is well documented that children can be particularly vulnerable when kept in the dark regarding their sexuality. As Linard explained, “Children can then become easy prey for the adults who themselves suffer from the frustrations caused by the lack of sex education. And this vicious cycle is the serious consequence of living in a religiously conditioned and imprinted society that rejects scientific facts and studies, and instead chooses to embrace religious beliefs and traditions, which we know can negatively impact the physical and mental well-being of our children.”
 
The spokesperson emphasized that early and comprehensive sex education should include people with diverse sexual orientations, gender identities, socioeconomic backgrounds, and ethnic and cultural backgrounds. And to this end, early sex education should mean learning to respect sexual diversity and embrace one’s own sexuality with an emphasis on pleasure. “It’s the best way to help children grow into adolescents who will be able to make responsible decisions about their sexual activity and health,” added Linard.
 
As a reminder, in 2009 UNESCO censored one of its reports on sex education following pressure from the Christian lobby, namely the part that included an explanation on masturbation from 5 years of age. This censored passage has still not been republished in the updated version of the 2018 report.
 
It is worth noting that the Raelian Movement launched SexEd Day in 2015 as part of its international awareness campaign for early sex education to denounce censorship imposed by traditional religions and continues to call for the reissuing of UNESCO experts original guiding principles on Sex Ed.
 
https://www.rael.org/events/international-sexed-day/
 
--------------------------------------------------------------------
About the Raelian Movement rael.org  et  press.rael.org
The Raelian Movement is the largest non-profit atheist organization in the world, which relates how life on earth was created by an extra-terrestrial civilization, known in the original Bible as Elohim, through the synthesis of DNA. 
It brings together 100,000 members from 120 countries who actively publicize the message these extra-terrestrial scientists gave to Rael, with the goal of building an embassy to welcome them officially and propagate their values of peace and non violence. The Raelian Movement is making waves through its non-conformist and politically incorrect philosophy.
                                 CONTACT
               For any interviews or information:
                Japanese Raelian Movement
                     http://ww.rael.org
 Public relations Section: Motohiro Kuwabara
http://www.press.rael.org
TEL : 0479-75-8030
FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp
-------------------------------------------------------------------


LAN_PRINT_303ラエリアン プレスリリース
( http://ja.raelpress.org/news.php?extend.301 )