LAN_PRINT_135ラエリアン・ムーブメントは強制予防接種に反対します
(LAN_PRINT_86 Press Release)
LAN_PRINT_94 japanese
Tuesday 24 November 2020

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
        2020年11月25日(水)
 
ラスベガス 11月24日 − 国際ラエリアン・ムーブメント(IRM)は、最近、「明らかに個人の自由と選択権を侵害している」として、強制的なワクチン接種への断固とした反対声明を行ったことを、ラエリアン・ムーブメントの広報担当であるブリジット・ボワセリエ博士は発表しました。
 
 この目標を達成するため、IRMの創設者であり精神的指導者でもあるラエルは、予防接種はある時期や特定の状況に応じて有用であることが証明されていることから、その性質上、必ずしも反対ではないものの、かかりつけの医師からのアドバイスを受け、常に接種を受ける人の完全なインフォームド・コンセントがある場合に限られると、説明しています。
 
「自分の身体において好みに応じた選択を行う権利は、ラエリアン哲学の多くの信条に含まれるものの一つです」と、ボワセリエ博士は添えます。
 
 ラエルは、2003年に発表した著書『クローン人間にYES!』の中で、次のように述べています。「科学の進歩の成果を楽しみたい人たちには、その恩恵を受ける権利があります。私たちラエリアンは、科学が私たちの宗教であるべきだと信じています。なぜなら、科学は生命を救うからです。一方、宗教と迷信は生命を殺します。しかしながら、科学的進歩の恩恵を受けたいかどうかを決めるのは、人々の自由であるべきです」
 
 ボワセリエ博士は、「この声明は、大多数の人々が、人間のクローンを作ること、あるいはトランスヒューマニストやラエリアンたちが提唱する人間強化の方法を拒否している時に発表されたものです」と話し、さらにこう言及しています。「大多数の人々の意思が個人の権利に優先する、ということが決してあってはなりません。つまり、大多数の人が新型コロナワクチンの義務化を要求したとしても、どんな状況であれ、どんな犠牲を払ってでも、個人の権利と自由意志が常に尊重され、守られるべきだということです」
 
 広報担当者は、個人の権利に関する最近の実例として、人がそのように選択するならば、抱擁する権利や、公共の場でマスクを着用しない権利も含まれていると述べます。
 
 続けてボワセリエ博士は、次のように語っています。「自身が望むものを着て、望むものを食べ、自身が選ぶ誰とでも合意の上で性的関係を持ち、任意の薬や医療を受けたり拒否したり、死ぬことを選択したり、自身の命を危険にさらすことを選択したり、自分の宗教を選択したり、そのリストは延々に続きますが、それが何であれ、私たちはその権利を保持しているべきです。私たちの神聖な個人の権利に対して、制限や制約を課そうと社会が進んでいく限り、選択の権利を明確に示します。
 
 ボワセリエ博士は、最後にこう結論づけました。「ラエリアン・ムーブメントが個人の権利、人権、選択の自由、表現の自由を提唱していることは注目に値するものであり、ラエルの教えは、これらの権利のために絶えず闘うことがいかに重要であるかを、しばしば思い出させてくれています」
 
☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆
 
 〜ラエリアン・ムーブメントについて〜
 ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の生命が、聖書原典において“エロヒム”として知られる宇宙人の文明により、DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。
 
 会員数は世界120カ国、100,000人にのぼり、この宇宙人“エロヒム”がマイトレーヤ・ラエルにもたらしたメッセージを広めるべく活発に運動を展開しています。
 それは、彼ら宇宙人“エロヒム”を公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広めるという目標を持っています。
 ラエリアン・ムーブメントは、非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重の哲学を通じて、世界に波紋を投げかけています。

      インタビュー、プレスリリースへのご意見・ご質問
       または更に詳しい情報をご希望の場合は
       下記の連絡先までお問い合わせください
 
 非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント
      〈公式サイト〉 http://www.rael.org 
 広報担当 桑原 元博(くわはら もとひろ)
    〈広報公式サイト〉https://ja.raelpress.org/
 TEL : 0479-75-8030 FAX : 0479-74-8007
 e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp
 
☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆
The Raelian Movement opposes mandatory vaccination
LAS VEGAS, Nov. 24 — The International Raelian Movement (IRM) recently issued a statement expressing their outright opposition to mandatory vaccination as it is “clearly a breach on our individual freedom, and right to choose,” stated Brigitte Boisselier, PhD, spokesperson of the Raelian Movement.

To this end, Rael—spiritual leader and founder of the IRM—explained that he was not necessarily against vaccinations by their very nature as they can prove useful at certain times and in response to specific situations, but only after following the advice of one’s own doctor and always with the full informed consent of the recipient.

“The right to do whatever we choose with our own body is one of the many tenets of the Raelian philosophy,” added Boisselier.

In his 2003 book “Yes to Human Cloning”, Rael wrote, “It is the right of the people who want to enjoy the fruits of scientific progress to benefit from it. We, Raelians, believe that science should be our religion as science saves lives while religion and superstitions kill. It should, however, be the freedom of the people to decide if they want to benefit or not from any scientific advances.”

“This statement was issued at a time when the majority of people were rejecting human cloning as well as any human enhancement procedure as advocated by transhumanists and Raelians,” said Boisselier. “The will of the majority should never trump individual rights. This means that even if a majority of people requests that the Covid19 vaccine becomes compulsory, individual rights and free will should always be respected and protected in any situation and at all costs,” she added.

The spokesperson stated that recent examples of individual rights include the right to hug and the right to not wear a mask in public if one so chooses.

“No matter what, we should have the right to wear what we want, eat what we want, have consensual sexual relations with whomever we choose, receive or refuse any medication or medical care, choose to die, choose to risk our life, choose our religion, and the list goes on and on, which clearly illustrates the extent to which our society is willing to go in order to impose restrictions and limitations on our sacrosanct individual rights,” continued Boisselier.

It is worth noting that the Raelian Movement advocates individual rights, human rights, free will and freedom of expression, and Rael’s teachings often remind us of how vital it is to always fight for these rights,” concluded Boisselier.
 
--------------------------------------------------------------------
About the Raelian Movement rael.org  et  press.rael.org
The Raelian Movement is the largest non-profit atheist organization in the world, which relates how life on earth was created by an extra-terrestrial civilization, known in the original Bible as Elohim, through the synthesis of DNA. 
It brings together 100,000 members from 120 countries who actively publicize the message these extra-terrestrial scientists gave to Rael, with the goal of building an embassy to welcome them officially and propagate their values of peace and non violence. The Raelian Movement is making waves through its non-conformist and politically incorrect philosophy.
                                 CONTACT
               For any interviews or information:
                Japanese Raelian Movement
                     http://ww.rael.org
 Public relations Section: Motohiro Kuwabara
http://www.press.rael.org
TEL : 0479-75-8030
FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp
-------------------------------------------------------------------


LAN_PRINT_303ラエリアン プレスリリース
( http://ja.raelpress.org/news.php?extend.302 )