LAN_PRINT_135世界人権宣言 第3条の改正をラエリアンが提案
(LAN_PRINT_86 Press Release)
LAN_PRINT_94 japanese
Thursday 10 December 2020

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
        2020年12月10日(木)

2020年12月8日、ジュネーブ
12月10日は「世界人権デー」の72周年記念日であり、ラエリアンの代表団はこの日、ジュネーブの国際連合人権理事会のエリザベート・ティヒー=フィッスルベルガー議長に、世界人権宣言(UDHR)第3条の改正案を含む公式文書を提出する予定です。この文書のコピーは、ミシェル・バチェレ人権高等弁務官事務所代表にも送付されます。

 国際ラエリアン・ムーブメントの精神的指導者であるラエルは、最近の呼びかけの中で、強制的な予防接種に断固反対の意を表明し、それは非合理的であり、個人の自由と選択権を侵害するものであることは、疑いの余地がないと述べています。

 「ワクチンが有益かどうかは問題ではありません」と説明するラエリアン・ムーブメントの広報担当者であるブリジット・ボワセリエ博士は、さらに「ラエリアンは、科学の進歩には賛成ですが、一方でその使用を拒否する権利をだれもが持つことも擁護しています」と語ります。

 たとえそれが自身の命を危険にさらすことを意味するとしても、科学の進歩から利益を得ようとしない人々の権利を尊重することも、同様に重要であるとラエリアンは考えています。これこそが、政府がスポンサーとなり、強制的な医療処置を国民に課す場合の核心になるものであり、それは個人の権利や自由の侵害を構成するだけでなく、人権侵害をも意味することになると主張しています。

 続けて彼女はこう述べています。「個人の利益は、つねに政府の利益よりも優先されるべきであり、いかなる政府も、個人の命を危険にさらす権利を奪うことは、許されるべきではありません」

 ラエリアンは、第3条「すべての人は、生命、自由及び身体の安全に対する権利を有する」を 『すべての人は、生命、自由、身体の安全及び脅威に対する権利を有する』に改正願いたいと考えています。これには「身体の不可侵性」と「命を危険にさらすことの権利」が含まれます。

詳細は、12月10日に国連で配布される書面にて掲載されます。

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆

 ~ラエリアン・ムーブメントについて~
 ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の生命が、聖書原典において“エロヒム”として知られる宇宙人の文明により、DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。

 会員数は世界120カ国、100,000人にのぼり、この宇宙人“エロヒム”がマイトレーヤ・ラエルにもたらしたメッセージを広めるべく活発に運動を展開しています。
 それは、彼ら宇宙人“エロヒム”を公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広めるという目標を持っています。
 ラエリアン・ムーブメントは、非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重の哲学を通じて、世界に波紋を投げかけています。

      インタビュー、プレスリリースへのご意見・ご質問
       または更に詳しい情報をご希望の場合は
       下記の連絡先までお問い合わせください

 非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント
 〈公式サイト〉 http://www.rael.org 
 広報担当 桑原 元博(くわはら もとひろ)
    〈広報公式サイト〉https://ja.raelpress.org/
 TEL : 0479-75-8030 FAX : 0479-74-8007
 e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆
Raelians propose an amendment to Article 3 of the Universal Declaration of Human Rights

Geneva, December 8, 2020 — December 10 will commemorate the 72nd anniversary of Human Rights Day, and on that day a delegation of Raelians will submit an official document to Elisabeth Tichy-Fisslberger—Chair of the United Nations Human Rights Council in Geneva—that includes a proposal to amend Article 3 of the Universal Declaration of Human Rights (UDHR). A copy of this document will also be sent to Michelle Bachelet—Head of the Office of the High Commissioner for Human Rights.

In a recent address, Rael—spiritual leader of the International Raelian Movement—expressed his outright opposition to mandatory vaccination, stating that it is unconscionable and unquestionably a breach on our individual freedom, and right to choose.

“Whether the vaccines are beneficial or not isn’t the issue,” explained Dr. Brigitte Boisselier, spokesperson of the Raelian Movement. “Raelians are in favor of all scientific advances, but they will also defend anyone’s right to refuse their use,” she added.

Raelians believe it is equally important to respect the right of those who do not wish to benefit from any scientific advancement even if this means putting their own lives on the line. They argue that this is what would be at the heart of any government-sponsored and -imposed mandatory medical treatment on its population, which would not only constitute a violation of individual rights and freedom, but also represent a human rights violation.

“The interests of the individual should always come before those of any government, and no government should be allowed to deprive any individual of their right to put their own lives at risk if they so choose,” she continued.

Raelians would like to see Article 3 (Right to Life, Liberty, Personal Security) amended to “Right to Life, Liberty, Personal Security, and Risk.” This would include Inalienability of the Body & Risking One’s Life is a Right.

Details are provided in the letter that will be delivered at the UN on December 10.

--------------------------------------------------------------------
About the Raelian Movement rael.org et press.rael.org
The Raelian Movement is the largest non-profit atheist organization in the world, which relates how life on earth was created by an extra-terrestrial civilization, known in the original Bible as Elohim, through the synthesis of DNA.
It brings together 100,000 members from 120 countries who actively publicize the message these extra-terrestrial scientists gave to Rael, with the goal of building an embassy to welcome them officially and propagate their values of peace and non violence. The Raelian Movement is making waves through its non-conformist and politically incorrect philosophy.
CONTACT
For any interviews or information:
Japanese Raelian Movement
http://ww.rael.org
 Public relations Section: Motohiro Kuwabara
http://www.press.rael.org
TEL : 0479-75-8030
FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp
--------------------------------------------------------------------




LAN_PRINT_303ラエリアン プレスリリース
( http://ja.raelpress.org/news.php?extend.306 )