LAN_PRINT_135宇宙人との外交関係樹立に向けた初の同盟を国際ラエリアン・ムーブメントが創設
(LAN_PRINT_86 Press Release)
LAN_PRINT_94 japanese
Sunday 21 February 2021

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
        2021年2月22日(月)


ジュネーブ、2021年2月22日 — ラエリアン・ムーブメントは最近の声明の中で、宇宙人との外交関係樹立に向けた同盟の創設において、先導的に参加することを正式に表明しました。

 ラエリアンのガイドで、ラエリアン・ムーブメントのET大使館プロジェクトのリーダーを務めるダニエル・タルコットは、次のように述べています。「他の惑星に住む人々に提供される大使館について記された“外交関係に関するウィーン条約”(1961年採択)の選択議定書への支持の高まりを受け、そしてそのような大使館を建てることを究極の目標として、私たちは宇宙人との外交関係樹立に向けた同盟(AEDC)を創設しました」

 この同盟(AEDC)は、地球外文明を歓迎し、私たちが住む惑星で外交的事業を行うという、同じ目標とビジョンを共有する政治家や外交官、政府関係者などで構成された、非営利の国際的なネットワークです。

 ラエリアン・ムーブメントは、地球上のすべての生命を創造した地球外文明の存在を一般大衆の人々に知らせ、地球へ公式に帰還することを希望する彼らの望みを実現するために大使館を建設する、という二つの使命をもって1974年に設立されました。「私たちを創造して下さった方々の帰還は、一定の条件が満たされた際に果たされますが、その中でも最も重要なのは、彼らをお迎えするための大使館を建設するということです」と、タルコットは説明しています。

 この目標を達成するためには、そのような関係を実現するための合意された国際的な外交的枠組みを備え、できれば、ウィーン条約とその条約に付随する既存の2つの選択議定書を中心に構築されることが、まず何よりも重要であるとAEDCは考えています。このことについて、タルコットは次のように補足しています。「この解決策として、AEDCとラエリアン・ムーブメントは、『宇宙人大使館に関する選択議定書』と暫定的に題した、ウィーン条約において3つ目となる選択議定書を共同で起草し、この議定書の修正と最終的な採択の可能性についての議論を進めています」

 タルコットによれば、AEDCは、大使や軍関係者、政策立案者が地球外文明とのコンタクトの特質や意義を理解し、適切な政策の策定を推進できるよう支援するため、各国政府に信頼性のある助言や情報を提供しているということです。“宇宙人との外交関係樹立に向けた同盟”は、現在カナダのモントリオールに本部を置き、北米、アフリカ、中南米、中東、ヨーロッパ、オセアニアの各大陸にオフィスを構えています。

 「私たちは、特別な時間が特別な機会を生み出すと信じています。地球外文明を歓迎するための大使館の建設は、確かにユニークで野心的なプロジェクトですが、永らくかねてから預言されていた黄金時代に人類が入ることを可能にするものです」と語るタルコットは、さらにこう締めくくっています。「科学的、技術的、哲学的な面において、私たちより何千年も進歩している地球外文明と外交関係を結ぶことによって、私たちにもたらされる影響を想像してみてください!政府関係者の皆様には、ぜひ私たちへご連絡いただき、LinkedInの『Alliance for Extraterrestrial Diplomatic Contact』のページで私たちをフォロー頂くことで、『宇宙人大使館に関する選択議定書』への支持表明を賜れますと幸いです」

For info, email: A4EDC©protonmail.com or goto:
https://www.linkedin.com/company/alliance-for-extraterrestrial-diplomatic-contact

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆
 ~ラエリアン・ムーブメントについて~

 ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の生命が、聖書原典において”エロヒム”として知られる宇宙人の文明により、DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。
 会員数は、現在120カ国、約10万人に達し、宇宙人”エロヒム”がラエルにもたらしたメッセージを全世界に伝えるため、ボランティアとして活発に運動を展開しています。
 この運動は、メッセージを通して愛と平和と非暴力の価値観を広めること、さらに宇宙人”エロヒム”を公式に迎えるための大使館の建設を実現するという目標を持ち、各国政府及び国連に働きかけています。
 ラエリアン・ムーブメントが提唱する非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重などのエロヒム哲学は、世界に波紋を投げかけています。
      
インタビュー、プレスリリースへのご意見・ご質問
または更に詳しい情報をご希望の場合は
下記の連絡先までお問い合わせください

 非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント
 〈公式サイト〉 http://www.rael.org  https://www.raelianjapan.jp/
 広報担当 桑原 元博(くわはら もとひろ)
   〈広報公式サイト〉http://www.press.rael.org
 TEL : 0479-75-8030 FAX : 0479-74-8007
 e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆The International Raelian Movement creates the first Alliance for Extraterrestrial Diplomatic Contact
Geneva, February 22, 2021 — In a recent statement, the Raelian Movement has confirmed its leading participation in the creation of an alliance for extraterrestrial diplomatic contact.

’’In order to build on the growing support for an optional protocol to the Vienna Convention on Diplomatic Relations (1961) concerning embassies for extraterrestrials, and with the ultimate objective of building such an embassy, we have created the Alliance for Extraterrestrial Diplomatic Contact (AEDC),’’ stated Daniel Turcotte, Raelian Guide and leader of the ET Embassy Project for the Raelian Movement.

This Alliance (AEDC) is a non-profit international network comprised of politicians, diplomats, government officials and others who share the same goal and vision of welcoming extraterrestrial civilizations to establish diplomatic undertakings on our planet.

The Raelian Movement was created in 1974 with the twofold mission of informing the public about the extraterrestrial civilization that created all life on Earth, and building an Embassy to fulfill their wish to come back to Earth officially. “The return of those who created us will happen when certain conditions are met, the most important of which is to have an Embassy to welcome them,’’ explained Turcotte.

To reach this goal, the AEDC believes the first and most vital step is to have an agreed upon and international diplomatic framework for such relations to take place, preferably built around the Vienna Convention and the two existing optional protocols to that convention. “To this end, the AEDC and the Raelian Movement have jointly drafted a third optional protocol to the Vienna Convention—provisionally titled: ‘The Optional Protocol concerning Embassies for Extraterrestrials’—and are promoting discussions around a potential amendment and ultimately adoption of this protocol,’’ Turcotte added.

According to Turcotte, the AEDC provides authoritative advice and information to governments in order to help their ambassadors, military and policymakers understand the nature and significance of a contact with extraterrestrial civilizations and to promote the development of appropriate policies. The Alliance for Extraterrestrial Diplomatic Contact is currently headquartered in Montreal, Canada with continental offices in North America, Africa, Latin America, Middle East, Europe and Oceania.

“We believe that extraordinary times create extraordinary opportunities and building an embassy to welcome an extraterrestrial civilization is certainly a unique and ambitious project that will allow humanity to enter into the long prophesied Golden Age,” said Turcotte. “Imagine the impact of establishing diplomatic relations with an extraterrestrial civilization with thousands of years of scientific, technological and philosophical advance on us! We invite all government officials to express their support for the Optional Protocol concerning Embassies for Extraterrestrials by contacting us and by following us on LinkedIn under, ‘Alliance for Extraterrestrial Diplomatic Contact’,’’ concluded Daniel Turcotte.

For info, email: A4EDC©protonmail.com or goto:
https://www.linkedin.com/company/alliance-for-extraterrestrial-diplomatic-contact
--------------------------------------------------------------------
About the Raelian Movement rael.org et press.rael.org
The Raelian Movement is the largest non-profit atheist organization in the world, which relates how life on earth was created by an extra-terrestrial civilization, known in the original Bible as Elohim, through the synthesis of DNA.
It brings together 100,000 members from 120 countries who actively publicize the message these extra-terrestrial scientists gave to Rael, with the goal of building an embassy to welcome them officially and propagate their values of peace and non violence. The Raelian Movement is making waves through its non-conformist and politically incorrect philosophy.
CONTACT
For any interviews or information:
Japanese Raelian Movement
http://ww.rael.org
 Public relations Section: Motohiro Kuwabara
http://www.press.rael.org
TEL : 0479-75-8030
FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp
--------------------------------------------------------------------




LAN_PRINT_303ラエリアン プレスリリース
( http://ja.raelpress.org/news.php?extend.307 )