LAN_PRINT_135日本ラエリアン・ムーブメントは、国際女性デーを支持し推進します
(LAN_PRINT_86 Press Release)
LAN_PRINT_94 japanese
Sunday 07 March 2021

日本ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
        2021年3月8日(月)


 3月8日は国際女性デーです。国連ウィメン日本協会は、2021年国際女性デーのテーマを「リーダーシップを発揮する女性たち:コロナ禍の世界で平等な未来を実現する」にすると発表しました。日本ラエリアン・ムーブメントは、国際女性デーの趣旨に賛同しその活動を強く支持し推進します。

 21世紀になってもこのようなテーマが登場することは、女性の社会進出は進んでおらず、世界中の女性は未だに虐げられ、女性の意思や発言そして行動は十分に尊重されない厳しい実態が存在していることを示しています。その結果、世界中の様々な場面で、女性の人権は十分に保障されない社会の非寛容さを浮き彫りにしています。

 また、日本においても、社会的リーダーの立場にある政治家たちが、男女問わず女性蔑視の発言を今も度々繰り返しているのは、政治家個人の価値観の古さの自覚不足だけではなく、『女性担当大臣』を内閣府に設置しなければ日本の女性の社会進出は進まないと考えるほどに、日本は、男尊女卑思考が慣習として根強く存在する閉鎖的な社会であることを示しています。「ジェンダーギャップ指数2020」で示された、153カ国中121位という日本の位置づけは、それを証明しています。

 女性は命を育み、優しさや繊細さや愛、調和や協調性、そして平和や非暴力を強く好む傾向にあります。この精神性を『女性らしさ』と呼ぶとき、一瞬にして情報が国境を超えて世界中を駆け巡る21世紀になっても、戦争や地域紛争、そして犯罪や暴力によって多くの不和を生み命が奪われ続ける背景は、社会(特に男性)の『女性らしさ』の極端な欠如が原因です。

 国際ラエリアン・ムーブメントの精神的指導者ラエルは、次のように述べています。
「もし、女性らしさが人類の救済策であり人類の自己破滅を防ぐ道であるなら、それを発達させることは必要不可欠であり、性別に関わらず一人ひとりの人間の義務です」
「男性も女性も内に持つ自らの女性らしさを発達させるべきです。なぜなら、それこそ今日世界中で見られる暴力や攻撃性の傾向への唯一の対抗手段だからです」
「女性らしさを発達させると、人類全体の意識が繊細になります」

 この惑星は、19世紀以前の攻撃的精神で21世紀の科学を操っている危険な惑星です。もし意思決定の権限が女性に与えられていれば、この『女性らしさ』により、過去どれほど多くの悲劇を回避することができたでしょうか。国際社会は、女性の人権回復のために活躍の場を男性同様に保障するだけではなく、一人ひとりの『女性らしさ』を育む施策を実施すること、更に様々な場面において女性のリーダーを早急に増やし、非暴力による調和的なリーダーシップが世界中で発揮されるよう取り組まなければなりません。そうすることで、世界は徐々に暴力性から解放され、愛と調和と尊重に満ちた美しい平和な社会へと、バランスを保ちながら発展していくことでしょう。

付記
 国際ラエリアン・ムーブメントは、寛容さの尊さを社会に訴えながら、女性の幸福や人権を尊重する様々な活動を支援しています。主にアフリカ諸国で行われている女性器切除(FGM)の被害者達を救済する「クリトレイド」、男女同権に基づいて女性が公共の場でトップレスになることができる権利を確立するための「ゴー・トップレス」、性的少数派の人たちを支援する「アラミス LGBTQIA+」などを推進しています。

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆
 ~ラエリアン・ムーブメントについて~

 ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の生命が、聖書原典において”エロヒム”として知られる宇宙人の文明により、DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。
 会員数は、現在120カ国、約10万人に達し、宇宙人”エロヒム”がラエルにもたらしたメッセージを全世界に伝えるため、ボランティアとして活発に運動を展開しています。
 この運動は、メッセージを通して愛と平和と非暴力の価値観を広めること、さらに宇宙人”エロヒム”を公式に迎えるための大使館の建設を実現するという目標を持ち、各国政府及び国連に働きかけています。
 ラエリアン・ムーブメントが提唱する非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重などのエロヒム哲学は、世界に波紋を投げかけています。
      
インタビュー、プレスリリースへのご意見・ご質問
または更に詳しい情報をご希望の場合は
下記の連絡先までお問い合わせください

 非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント
 〈公式サイト〉 http://www.rael.org  https://www.raelianjapan.jp/
 広報担当 桑原 元博(くわはら もとひろ)
   〈広報公式サイト〉http://www.press.rael.org
 TEL : 0479-75-8030 FAX : 0479-74-8007
 e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆



LAN_PRINT_303ラエリアン プレスリリース
( http://ja.raelpress.org/news.php?extend.309 )