LAN_PRINT_135第7回 性教育デー:ラエリアンは、子どもの頃からの包括的な性教育を提唱し続けており、その中には自慰行為や自己満足化の情報も含まれる
(LAN_PRINT_86 Press Release)
LAN_PRINT_94 japanese
Thursday 18 November 2021

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
        2021年11月18日(木)


ジュネーブ、2021年11月18日 - 世界中のラエリアンたちは、『世界子どもの日』を迎える11月20日に『第7回 性教育デー』を祝い、2009年のユネスコ報告書で専門家が推奨した早期性教育を推進する旨を、国際ラエリアン・ムーブメント(IRM)が本日の声明で発表しました。

 「報告書で定義されている『包括的な性教育』(CSE)は、国際的な精神的指導者であるラエルが45年以上にわたって提唱し、教えてきたものとまったく同じものです」と語るのは、ラエリアンの司教で、性教育デーの広報担当も務めるクレメンス・リナードです。「その目的は、子どもたちや思春期の若者たちに、年齢や文化に合わせた性教育やツールを与え、WHOが定義する性の健康の観点から、喜び、充実感、幸福感を強調することにあります」

 ラエリアンの哲学を踏まえると、子どもたちは、自分の性について知らされないままでいると特に弱い立場に置かれますし、早期の性教育では、快楽の重要性を認めつつ、性的快楽にまつわる罪悪感や羞恥心を取り除くことも必要になってきます。

 ラエルは以前、IRMの声明の中で次のように述べています。「科学に基づいた性教育プログラムに反対する人たちは、中世のキリスト教世界で培われた性的な罪悪感を条件付けられているだけです。彼らは、いわゆる子どもの「セクシュアル化」に反対しているとしています…目覚めよ恐竜たちよ!子どもは生まれた時から、いやそれ以前から性的なものなのです!性教育は、彼らが自分の性に対する罪悪感を抱かないようにするためのものに過ぎません」

 リナードは強調します。「包括的な性教育では、性は人間の生活における正常で健全な部分であることを若者に教え、それによって後の人生でより多くの情報に基づいた決断を下すことができるようにします。これには、子どもの頃からの自慰行為や自己満足化に関する情報も含まれ、容易に自分の身体の仕組みを理解し、自己刺激が正常で健康的であることを理解することができます」

 ユネスコは2009年、キリスト教ロビイストの圧力を受けて、5歳から自慰行為を教えるという内容の報告書を自己検閲しました。そして過去12年間、ラエリアンはこの文言をユネスコの報告書に復活させるようキャンペーンを行ってきましたが、まだ変化はありません。リナードは次のように述べています。「保守的な宗教的圧力の結果として、科学的な報告書が検閲されるのは、まったくもって言語道断なことです」

「子どもたちの性的な健康や能力など全般の向上を図るのみならず、羞恥心や罪悪感、恐怖心を軽減する、自慰行為に向けられた性的にポジティブなメッセージを正常に扱えるよう取り計らえないのであれば、子どもたちの身体的・精神的な幸福に長期的な悪影響を及ぼすことは間違いありません」

www.rael.org/SexEdDay

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆
 ~ラエリアン・ムーブメントについて~

 ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の生命が、聖書原典において”エロヒム”として知られる宇宙人の文明により、DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。
 会員数は、現在120カ国、約13万人に達し、宇宙人”エロヒム”がラエルにもたらしたメッセージを全世界に伝えるため、ボランティアとして活発に運動を展開しています。
 この運動は、メッセージを通して愛と平和と非暴力の価値観を広めること、さらに宇宙人”エロヒム”を公式に迎えるための大使館の建設を実現するという目標を持ち、各国政府及び国連に働きかけています。
 ラエリアン・ムーブメントが提唱する非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重などのエロヒム哲学は、世界に波紋を投げかけています。

      インタビュー、プレスリリースへのご意見・ご質問
       または更に詳しい情報をご希望の場合は
       下記の連絡先までお問い合わせください

 非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント
 〈公式サイト〉 www.rael.org  www.ufolove.jp/
 広報担当 桑原 元博(くわはら もとひろ)
    〈広報公式サイト〉 www.ja.raelpress.org
 TEL : 0479-75-8030 FAX : 0479-74-8007
 e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆
Seventh Annual SexEd Day: Raelians continue to advocate Comprehensive Sex Education from childhood, including masturbation/self-pleasuring information

GENEVA, Nov. 18, 2021 — According to a statement released today by the International Raelian Movement (IRM), on November 20—World Children's Day—Raelians worldwide will celebrate the 7th annual Sex Education Day and promote early sex education as recommended by experts in the 2009 UNESCO report.

"Comprehensive Sex Education (CSE), as defined in the report, is exactly what international spiritual leader, Rael, has been advocating and teaching for more than 45 years," explained Clemence Linard, Raelian Bishop and spokesperson for SexEd Day. "The goal is to give children and adolescents a sex education and tools that are adapted to their age and culture, and that emphasize pleasure, fulfillment and well-being in terms of sexual health as defined by the WHO," she added.

Children are particularly vulnerable when kept in the dark about their sexuality and early sex education, according to the Raelian philosophy, must also include acknowledging the importance of pleasure while removing guilt and shame associated with sexual pleasure.

“Those who oppose the sex education program that is based on science, are simply conditioned to sexual guilt by their medieval Christian upbringing. They say they are opposed to the so-called 'sexualization' of children… Wake up dinosaurs! Children are sexual from birth and even before! Sexuality education simply allows them to avoid developing guilt about their own sexuality,” Rael said in an earlier IRM statement.

Linard emphasized, “Comprehensive Sex Education teaches the youth that sexuality is a normal and healthy part of human life that can allow them to make more informed decisions later in life. This includes information on masturbation/self-pleasuring from childhood to simply understand how their body works and that self-stimulation is normal and healthy.”

In 2009, following pressure from Christian lobbyists, UNESCO censored one of their reports that talked about teaching masturbation from age 5. And for the past twelve years, Raelians have been campaigning to have this language reinstated in the UNESCO report, but no change yet. According to Linard, "It is absolutely outrageous for a scientific report to be censored as a consequence of backward religious pressures.”

“If we cannot work towards normalizing sex-positive messages about masturbation to reduce associated feelings of shame, guilt and fear, as well as improve the overall sexual health and literacy in children, this will undoubtedly negatively impact their physical and mental well-being in the long term,” she concluded.

www.rael.org/SexEdDay
--------------------------------------------------------------------
About the Raelian Movement rael.org et press.rael.org
The Raelian Movement is the largest non-profit atheist organization in the world, which relates how life on earth was created by an extra-terrestrial civilization, known in the original Bible as Elohim, through the synthesis of DNA.
It brings together 100,000 members from 120 countries who actively publicize the message these extra-terrestrial scientists gave to Rael, with the goal of building an embassy to welcome them officially and propagate their values of peace and non violence. The Raelian Movement is making waves through its non-conformist and politically incorrect philosophy.
CONTACT
For any interviews or information:
Japanese Raelian Movement
http://ww.rael.org
 Public relations Section: Motohiro Kuwabara
https://www.raelpress.org/
TEL : 0479-75-8030
FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press©yahoo.co.jp
-------------------------------------------------------------------
-



LAN_PRINT_303ラエリアン プレスリリース
( http://ja.raelpress.org/news.php?extend.324 )